Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

nr.4 ありがとう・ごめんなさい

Hejsan! こんにちは!
Hur mår du? お元気ですか?


Jag mår bra. 私は元気です。




今回は、「ありがとう」「ごめんなさい」について勉強したいと思います。



ありがとう


一番シンプルで、使いやすいものから。

Tack! タック! ありがとう
Tack så mycket! タック・ソ・ミュッケ ありがとうございます



ちなみにスウェーデン語で、「~をよろしくお願いします」と言う時も
Tackが使われます。




tack.jpg


たとえば、こういう家の玄関のドアに郵便や新聞を入れる口があるのですが
ココの上や下に「INGEN REKLAM TACK」とある場合

「広告不要だから入れないでくださいね」ということです。


近々、否定形(Inte)もやる予定ですが
Ingaも否定形です。

今のところは、そういうものかと思っていただいて少し流して

Reklamはレクラムと読み、広告を意味します。
Tackは、この場合「よろしく」という意味。


ここから少しだけTackのいろいろな言い方をご紹介します。

Tackar! タッカー 
ありがとうございます。(丁寧な言い方)

Tack snälla! タック・スネッラ 
親切にしてくれてありがとう。

snäll スネル は、親切な、優しいという形容詞です。
なぜsnällaになるかは、また後でやります。


Tack ska du ha! タック・スカ・ドゥ・ホ 
ありがとう。
本当ならお礼を言うほどのことではないけれど、「どうもね~!」と言う場合。

Tusen tack! トゥーセン・タック
本当にありがとう(感謝してもしきれない)

Tack för idag! タック・フォー・イドーグ
今日はありがとう


Tack så mycket för hjälpen! タック・ソ・ミュッケ・フォー・イェルペン
手伝ってくれて(助けてくれて)ありがとう


Tack för maten. タック・フォー・モーテン
ご飯ごちそうさまです。


Tack för kaffet! タック・フォー・キャフェット (トの音はほとんど聞こえません)
コーヒーごちそうさま


Tack. det är bra så. タック、デ・エー・ブロ・ソー
ありがとう、そのぐらいで結構です。

レストランなどで飲み物などの給仕をしてくれる方に言う場合。



いろいろな「ありがとう」の言い方を少し見てきましたが
ABBAのAgnetha Fältskogさんが、上で書いたような
ありがとうを歌っていますので少し見てみましょう。(0:18~、1:30~)








さて、ここから「ごめんなさい」の言い方も少しやりましょう。


ごめんなさい


Jag är ledsen ヨー・エー・レーセン

この文章を直訳すると、「残念だ、悲しい」という意味なのですが
意味合いとしては「~することを残念に思います」というもの。

たとえば、「お返事が遅れてごめんなさい」とか
「約束に間に合いそうになくてごめんなさい」とか
そういう使い方で使います。
なので、Jag är ledsenの後ろに他の文章、つまり謝る理由になる部分
入ります。


Förlåt! フォロート

「ごめんね!」なんて言う時には、より使いやすいこの単語。
人にぶつかったりなんてした時も使えます。





Nezerilというお薬のCMから。
女性がくしゃみをしたすぐ後に「Förlåt!」と言っています。(0:05~)




失礼します、すみません


Ursäkta mig ウシェクタ・メイ
Ursäkta! ウシェクタ

道を尋ねる時に、「あの、すみません!」と
声をかけるのと同じように使ったりもします。


日本語と違い、自分が悪い場合はFörlåtやJag är ledsenを使いますが
UrsäktaやUrsäkta migは、道を尋ねるときや、混雑したところを通るとき、
人の会話に割り込むときなどに使います。
英語で言うExcuse meと同じです。

ただし、あまりスウェーデン人でこのUrsäkta migを頻繁に言う人はいません。
人とぶつかりそうになっても何も言わない、混雑してるところでも声をかけず
ただ黙って待っている方もいます。(ただし、無理に押したりなどはしません)



次回はスウェーデン語の文章の構成をざっくりやりつつ、
性別のお話を少しします。
スポンサーサイト

nr.3 あいさつ

Hejsan! ヘイサン! こんにちは!
Hur mår du? フーモードゥ? お元気ですか?


Jag mår bra ヨー・モー・ブロ! 私は元気です。



第3回目は、第1回、第2回で出てきたVi ses!についてやっていきたいと思います。




前々回、前回と出てきたVi ses! ヴィ・スィース (またね!)ですが

意味としては実際にまた次会う可能性を含んでいます。


sesはse(スィー)、見る・会うという動詞の受身形です。
英語では起こらないことですが、よく受身の形で使われるものが
スウェーデン語には多くあります。


実際に会わないけれど、電話やメールをやり取りしている場合は

Vi hörs! ヴィ・フーシュ (またね!)と言います。

hörsはhöra(フーラ)、聞くという動詞の受身形です。


また、初めまして!という意味の

Trevligt att träffas!(トレヴリグ・アット・トレファース}や
Kul att träffas!(クル・アット・トレファース)の

träffasもまた、träffa(トレファ)という動詞の受身形です。

TrevligtもKulは、楽しい・愉快なという意味の形容詞です。


Trevligt att träffasが実際に使われている映像を見てみましょう。



0:27ごろに、女性が「Hej Ulf! Trevligt att träffas」とあいさつしています。

Ulfはウルフという人の名前です。






traffas.jpg



Aftonbladetというニュースの記事より

Här träffas Silvia och prins Charlesと書かれています。

「ここでスウェーデン王室のシルヴィア王妃とイギリスのチャールズ皇太子が会う」という内容です。



Vi ses、Vi hörs、träffasいずれにおいても言えることは

sのついた受身形を使う場合においては、目的語を必要としない
ということです。

目的語は「誰を(に)」「何を(に)」という言葉をさしますが

Viは「私たちが(は)」という主語になりますので

Vi    ses
主語+動詞

Vi    hörs 
主語+動詞

となります。


またニュースにあるシルヴィア王妃とチャールズ皇太子の記事をわかりやすく書くと

Silvia och prins Charles träffas här となります。
       主語    + 動詞


härは「ここ」という場所を指す単語ですので、目的語ではありません。




それにしても、人が会うだけなのに受身形とはなんだか腑に落ちないですね。

実際のところ、Jag träffar Emma(私はエマに会う)のように、
träffarを使うことはあります。

ただし、この場合は自分がエマのところに会いに行くという意味合いになるようで

「私はエマと会う」と言う場合、どこかでエマと待ち合わせして会う、
学校などで会うということになると、Jag och Emma träffas.となります。

なので、träffasのイメージとしては
待ち合わせ場所という中間地点に何らかの事情があって「呼び出された」
私とエマが来るというイメージかもしれません。



少し話をニュースの記事に戻しますと

Silvia och prins Charles träffas här 
シルヴィア王妃とチャールズ皇太子が会う

träffasなので、チャールズ皇太子がシルヴィア王妃のいるところに
会いに行くのではなく

シルヴィア王妃とチャールズ皇太子は、どちらかの場所に
お二人とも来られてお会いになるということになります。




次回は、感謝の気持ちを伝える「ありがとう」、そして「ごめんなさい」について
やっていきたいと思います。

それでは、Vi hörs! ヴィ・ホーシュ、またね!

今日もお読みいただきありがとうございました。

nr.2 あいさつ

ヘイサン! こんにちは!



第二回目は前回のあいさつに加えて、いろいろなあいさつに触れてみます。






まずこの歌を1度聞いてみましょう。



曲 Hej då-sången

歌詞

Vad mycket kul vi gjort
vad vi har hittat på
men tiden går så fort
nu är det dags att gå
Hej då, vi ses, adjö, farväl
God natt, sov gott
min vän
Var glad som jag
för allt känns bra
ja, jag vet att vi snart ses igen,
vi ses snart igen
Hej då, vi ses, adjö, farväl
Och i morgon vill jag förstås
att vi får ha det minst lika bra
och att du vill komma och leka med oss
och leka med oss
och leka med oss...


色をつけておきましたが、ビデオでは0:20ごろからと0:41ごろに
該当する部分が出てきます。

歌詞に出てくる順序で

Hejdå!  ヘイドー (日常的なさよなら)
Vi ses! ヴィスィース (またね)
Adjö!  アジョ (さよなら)
Farväl! ファーヴェル (さよなら)


ここまでは前回やりました。


その後にGod natt, sov gottと出てきます。


God natt グ・ナット(おやすみなさい)


Sov gott ソヴ・ゴット(ゆっくり休んでね、よく眠ってね)

SovはSova(ソーヴァ)、眠るという動詞の命令形です。
命令形と言うと強いイメージですが、人に「○○してね」と言うときによく使います。



もう1度同じ曲の同じ部分を聞いてみると


Hejdå!  ヘイドー (日常的なさよなら)
Vi ses! ヴィスィース (またね)
Adjö!  アジョ (さよなら)
Farväl! ファーヴェル (さよなら)
God natt グ・ナット(おやすみなさい)
Sov gott ソヴ・ゴット(ゆっくり休んでね、よく眠ってね)


聞き取れたでしょうか?




他の挨拶も一緒に覚えてみましょう。


God morgon(グ・モロン) おはよう
God eftermiddag(グッド・エフタミドグ) こんにちは(午後のあいさつ)
God kväll(グ・クヴェル) こんばんは(夕方以降)


Godは基本的に「グッド」という発音になりますが、スウェーデン語の特徴として
会話上では語尾の子音をはっきり発音せず、次の音を発音する傾向があるため
単語1つとしての発音と、実際の会話上の発音では異なる場合が多い
です。
そのため、カタカナで表記している読み仮名も聞こえ方に個人差があります。



日常的なあいさつ


お元気ですか?
Hur mår du? (フーモードゥ)


hurmardu.jpg

SydsvenskanというニュースサイトにまさにHur mår du?が入ってますね。
Malmöはマルメーというスコーネ地方の都市の名前です。

ざっくり訳すとニュースサイトっぽく(?)
「マルメーよ、お前は元気なのか?」みたいな感じです。



Hur mår du?と聞かれた時のベーシックな返事としては

Jag mår bra(ヨー・モー・ブロ) 私は元気です
Sådär (ソ・ダー)まあまあ
Jag mår inte bra(ヨー・モー・インテ・ブロ)私は元気ではありません

まだ最初なので、あれこれつけずにシンプルなものだけ覚えましょう。

少し単語を見てみましょう。

Jag(ヨー)「私」
実際はヨーグと発音しますが、会話ではヨーで通じます。

mår(モー)英語で言うfeelに該当しますが、実際は体調についてmårを使い
他の場合は別の単語を使っている印象があります。

bra(ブロ)「良い」

Sådär(ソ・ダー) 「まあまあ」
Sådärに関しては、状況次第でいろいろ意味がありますが
元気かどうか聞かれたときにおいては「まあまあ」という意味があります。

inte(インテ)「~ではない」 英語で言うnot、否定形というものです。




それでは今日はこの辺で

Hej då!(ヘイドー!)Vi ses!(ヴィ・スィース!)

はじめまして

ヘイサン! こんにちは!


こちらはhello from Swedenのサブブログ、「スウェーデン語をマスターしたい」です。

本ブログは、スウェーデン語の文法についてまとめるのが第一の目的ですが
通常の文法本とは違い、実際のスウェーデン語のニュースや情報を使い
文法の理解を深めていく方向で、スウェーデン語にアプローチしようと試みるブログです。



お知らせ: 4月18日、追記しました
・・・・


第一回目は「あいさつ」です。
読みは実際に聞こえるような音を書いていますが、あいまいな音もありますので
個人差があります。


こんにちは


Hej ! (ヘイ) 

スコーネ地方(スウェーデン南部)だとヘイをハイと言う人も多いです。


Hejsan!(ヘイサン)
辞書の意味・単語本来の意味ではHejよりもカジュアルな位置づけなのですが
実際の日常生活でHejsanを使うスウェーデン人はあまりいません。
Hejにとって代わられているというのが現状のようです。
詳細は追記に記入しました(4月18日)



Hallå(ハロー)


Tjena!(シエナ!)
かなり砕けた言い方。友達同士や仲間うちで使うようです。男性がよく使ってますね。



さようなら

Hejdå!(ヘイドー)
Hej hej!(ヘイヘイ)


Adjö.(アジュ) 

フランス語のアデューから。普段はこの挨拶を聞くことはありません。
フランス語でもアデューはめったなことでは使わないそうですが。


Farväl(ファーヴェル)

こちらもあまり聞かないです。おそらく今生の別れぐらい?


じゃあね。またね。元気でね。


Ha det bra!(ハ・デ・ブロ)
Ha det bra så länge!(ハ・デ・ブロ・ソー・レンゲ)

英語で言うtake careに相当します。
så längeはso longですが、この場合は「また会うまで」という感じ。
よく会う人はHa det braが多いのかもしれません。


Vi ses!(ヴィ・スィース)

こちらは日常的によく使われています。

初めまして


Goddag!(グ・ドーグ) 

フォーマルな言い方。
私はこういう場所に立ち会ったことがないので聞いたことはないです。


ここまで簡単なあいさつを少しだけやりましたが
子供向け番組であいさつを使った歌がありますので少し聞いてみましょう。





次回は今回のあいさつに加えて、上の映像で歌われている歌詞にある
ほかの挨拶にも触れてみることにします。



続きを読む

Appendix

プロフィール

asvenska106

Author:asvenska106
ブログの記事についてご質問があれば、お気軽にコメントください♪

最新記事

最新トラックバック

見に来てくれた人の数

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
4727位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
語学・英会話
869位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。